ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド(RP5系)に社外品のフリップダウンモニターを持ち込みにて取付です。

ナビゲーション本体は、ホンダ純正のナビゲーション ギャザーズVXM-187VFNiが装着されたお車です。

この度は、ご入庫頂き誠にありがとうございました。

 

お客様のご希望が、フリップダウンモニター取り付けて、後ろの席のお子様達にYouTubeの映像やiPhoneに保存してある映像を見せたい!…との事でしたので…それに対応した取り付けです。

 

持ち込み頂いたフリップダウンモニターは、こちらの商品でした。ネット販売やヤフオクとかに出ているやつですね。

フリップダウンモニター本体に、電源配線・RCA入力端子・HDMI入力端子が付いている物です。

HDMI入力端子が無いフリップダウンモニターでは、YouTubeは無理です…。

 

 

 

 

カロッツェリアやアルパイン製品の取付ですと車種別専用ステーキットが有りますので、そちらを一緒に購入して頂ければキット内に取付用の型紙が入っている為、ルーフヘッドライニングのカットも決まっていますが、社外品のフリップダウンモニター取り付けには、その様な物は無いので現物合わせで位置決めして配線穴やステー取付け穴を開けて取り付けます。

 

毎回そうなんですが…現物合わせの取付の場合、商品内のステーとネジ類だけでは取り付け出来ません。

必ずステー加工や追加、ネジ類の長さ合わせて別途用意が必要になり、工賃以外の部分で別途費用が掛かります。

ご購入の際は、その辺りもご考慮頂いてからの購入をお勧めいたします。

 

早速、位置決めしてルーフヘッドライニングをカットしていきます。

 

 

取り付けステーが付けられる部分だけ最小限にカットして…ステー仮止め…

 

 

配線穴もカットして…本体とステーを取り付けるネジ部も仮穴開けて…

 

 

全て確認して、必要な部分を全てカット。配線通していきます。

ピラー脇から下へ配線。足元脇を通します。

 

 

元々、USBコネクタはナビゲーションに繋がっていますが、iPhoneの映像まで映すにはHDMI端子が追加で必要です。

社外品のHDMIの端子も売ってますが、何回も繋いだり外したりする事を考慮し、入力端子側はホンダ純正オプションのHDMI端子を追加取り付けします。

足元センターの内張外して…

 

 

 

配線追加です。

 

 

USB端子の横にHDMI端子を追加します。

 

 

純正部品だと、「HDMI」って書いてあるカバーもセットに入ってますので交換。

 

 

ナビゲーション裏まで配線します。

 

 

 

 

続いて…

ホンダ純正ナビゲーションから、通常のTV画像やプレーヤーのDVD画像だけであればナビゲーション裏からRCA出力(赤・白・黄色)でアナログ配線すれば映りますが、YouTube等の画像はアナログ出力では映りません(著作権の問題??かな…)。

 

そこで、社外品でホンダ純正ナビゲーションから社外フリップダウンモニターへHDMI出力が可能になる配線が必要ですが、

純正には、そんな配線有る訳も無く…社外品で対応します。

 

それがこちらの商品、株式会社マッハワン社様の製品で、ホンダ純正ナビゲーション用のHDMI出力ケーブルです(素晴らしい!!)。

ちななみに、ネット販売もされているようですので個人の方でも購入可能です。

ホンダDOPナビ207/197/187シリーズ用 HDMI変換ケーブル | 映像出力アダプター | マッハワンオンラインショップ (mach-1jp.com)

 

 

 

中身はこんな感じ。ホンダ純正のHDMI出力特殊コネクターを通常のHDMIタイプAのメスコネクターに変換されています。

配線の長さも足りないので、延長ケーブルも追加してフリップダウンモニターへ配線します。

 

 

取り付けした出力・入力端子からの配線をナビゲーションに取り付けるのでナビゲーションを外していきます。

 

 

毎度の事ですが…クリップ固い…寒くなってくるとプラスチックは更に固い…外しづらい。

 

 

何とか外して…各端子を嵌めて、内張戻して…完成です。

 

これでバッチリ!!お客様が御希望の、フリップダウンモニターでテレビ・DVD・YouTube観れます!

(映ってるトコの写真は載せられませんが)

 

 

フリップダウンモニターで映したい映像だけでも必要部品が変わります。値段も結構変わりますので、ご購入・取り付けの際はご注意ください。

 

KAK MOTORS 公式ホームページ

https://kak-motors.com/

KAK MOTORS LINE公式アカウント

友だち追加

 

 

コメント
コメントする